2007年07月30日

老犬介護を振り返る [マジ噛み]

ほくとは我が家に来た頃から、噛み癖がありました。私は止めさせようとしたけど、父は「歯が生えかわる時期だから仕方がない」と平気で噛ませちゃうから当然治るはずありません。たらーっ(汗) 小屋に敷いてやったマットもタオルも、買ってやったその日のうちにバラバラ。あせあせ(飛び散る汗) 挙げ句、当時使っていた緑色のビニールシートの車庫に目をつけたほくとさん。犬(笑) ちょっと古くてシートが”ベロン”ってなってた箇所に、必死に食らいついたようです。車庫シートは、一晩で見るも無惨な状態になってました。今にして思うと、ビニール食べちゃってたんじゃないか?って思ったりもするんですけど…。胃袋の丈夫さはこの頃からだったのかも。顔(汗)でも勢いだけで突っ走るほくともマジ噛みだけはしませんでした。一応、それはマズイと思ってたらしい。まあ牙があたるだけでも十分痛かったですが。

↓車庫の位置は変わらず。ここにあったシートを食いちぎった。バッド(下向き矢印)
ほくとさん影になってよく見えませんが(^□^;)
img154.jpg

で。ようやく本題(前置き長ッ!)
以前も少し触れましたが、介護中のマジ噛みについて。

絶対にマジ噛みしなかったほくとも、寝たきりになった頃は、立てない苛立ちからか、何度もマジ噛みしました。しかもほくとは歯が丈夫。これはもう痛いなんてモンじゃなかった。腕に穴が空きかけたことも…。骨にあたると1週間近く痛みがひかなかったしね。ふらふら でも窘めるぐらいで、さすがに叱れなかったなあ。自分で自分の体が思うようにならない。他にあたれる場所もない。一番ツライのはほくとだって分かってるから。犬(泣) ほくともマジ噛みしたくてしてるんじゃないと思うし。もしかしたら老化や痴呆で、その辺の加減ができてなかったのかもしれない。人だって突然寝たきりになれば、苛立ったり虚無感に襲われたりもする。なので私は、無気力になるより、そういった感情が出るだけマシじゃないか、と考えてました。
それに私の見てないところで、マットやタオルに噛みつかなかったのは「エライ」って言ってあげたい。Clap だって私の手に攻撃すれば、「イラついてるのかな」「どっか痛いのかな」等々、考えてあげられるでしょ? でももしも、いつの間にかタオル噛んでたら「口開けた時に入っちゃった?」ぐらいにしか思わなかったと思うもの。(^o^;)
そりゃあ、一生懸命世話してるのに噛まれた!!となれば、悲しかったり、憤ったりすると思う。可愛がってきたワンコが攻撃してきたらなおさら「なんで〜??」ですよね。もうやだ〜(悲しい顔) でももしも、マジ噛みとか、ワンちゃんが今までしたことのない事をしたら、反射的に怒ったりせずに一呼吸おいてほしい。その理由を探ってあげてほしいなあ(^−^)
それと。
ほくとは立てなくなってからだったけど、もっと早い段階、シニア期の状態でこういう行動に出るワンちゃんもいるかもしれない。だとすれば。もしかしたら、それが老犬への一歩かもしれない。そこが介護への入り口になるかもしれない。ワンコのいつもと違う行動は、きっとなにかのサインだから。どんなに元気でも年齢は意識してあげておいてほしいと思います。ほくとみたいに突然寝たきりにならないように……皆さんの愛犬は、少しでも長い間、自力で歩ける老犬ワンコであってほしい、と願ってます(^ー^)


前日の記事に書きそびれたんですが。昨日、市内のお花屋さんを通じて、隣県に住む友人からほくとへの贈り物がありました。「ほくと君の近くに飾ってあげてださい」というメッセージとともに。ほくとのことを直接話してない友人からのサプライズな贈り物に、思わず涙。涙。(1度ほくとと遊んだ時のことを覚えててくれたのだそうです)
↓どんな花か見てないと思うのでUP。
img152.jpg

こんな素敵なお花が届きました。本当にありがとう。
↓お花が増えてほくとさんの周辺は益々賑やか。るんるん
img153.jpg

実はお花が届く前、お店から事前連絡がありました。
携帯電話に表示された見知らぬ番号。基本的にいくら番号通知がされていても、登録番号以外の番号には応答しないワタクシ。どのぐらい徹底してるかっていうと、ネット通販で買い物したら必ず店の番号を一時登録するぐらい、です。でもなぜか昨日に限ってすんなり電話に出たんですよね。自分でもホントに不思議なんだけど。これもなにかの予感?
でも、お花屋さんに「岐阜県の○○さん(名字だけ)から贈り物があるんですけど」って言われて「???」だった。
岐阜に従姉妹はいる。でも○○さんじゃない。
○○さんっていう名の友人はいる。でも岐阜県じゃない。
……どういうこと??あせあせ(飛び散る汗)
ちょっとパニクって聞き返したんだけど、やっぱり「岐阜県の○○さん」って言う。とにかく来てもらえばはっきりするだろうと思って、配達してもらいましたが。結果は――ミスしたのは県名。まあ、名前を間違えるわけないだろうと思ったから、友達だと思ったんだけどね。
それにしても、なんだってうちと関連のある県名いうかなあ(笑)


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
参加中のランキング。
お返はなにもできませんが(^^;)
よろければ”ぽちっ”と♪お願いします。m(__)m(別窓)



ニックネーム とうこ at 01:43| Comment(3) | 老犬介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

思い出語り [しつけじゃなくて芸]

↓2005年撮影
img141.jpg

ダメダメな飼い主の元で育ってしまったほくとさん。顔(汗)しつけの入ってない飼い犬へと成長してしまいました。(ごめんよたらーっ(汗)
かろうじて覚えたのは”おすわり”と”お手”。そして”待て”のみ。でもこれだって、やるのはご飯の時とおやつが欲しい時だけ。
はっきり言ってこれはしつけではありません。ただの芸。バッド(下向き矢印)
よって、上の写真もおやつで釣ってるはず(^^;) もしくはたまたま自分で座ってただけか、のどちからです。
↓若い頃に撮影したものだけど、これが釣られた状態(笑)
img148.jpg

このお座りとお手。
いつも飢えてたのか、ほくとさんはこれをやれば食べ物をくれると思ってます。「腹へった!なんかくれ!」と、もの凄い勢いで鳴いてるところに出て行くと、なにも言ってないのに率先して座るし。私がお座りしたほくとの目の前に座ると、必死に前足をあげてきます(笑) しかも交互に。でも私が手出してないと完全に空振り状態…。必死に左右の前足あげすぎてバランス崩してコケそうになったこともあるし、勢いがつきすぎて座ってられなくなることもしばしば。たらーっ(汗)
食い意地張りすぎ。エサ
若かりし頃から、勢いだけで突っ走るほくとさん。これもその一端。顔(ペロッ)
でも、おかしい。なんでこんなことになったんだ?
おすわりは、おやつで釣りながら教えたわけじゃなかった…はず、なんだけどなあ。顔(汗)

ちなみにご飯前の”待て”だけは、結構長い時間がんばれました。るんるん(つっても2分ぐらい?)でも食べ物見てると我慢利かなくなるから、視線外すんです。顔(イヒヒ) ぷいって横向いちゃうの(笑)で、目線だけこっちに向けてチラチラやるんです。この仕草がおかしくて、ついつい長く”待て”させちゃうんですが、あんまり長くやると「まだかよー!」とグレてお座りまで解除しちゃう。やっぱりしつけになってません。バッド(下向き矢印)orz

以下、今日のわんこ風。
「お腹が空いてる時は、ジャーキーの代わりに指を立てても”勘違いお座り”をしてしまうほくとさんなのでした。(笑)」

……まあワンコは視力悪いっていうしね(^-^;)


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
参加中のランキング。
お返はなにもできませんが(^^;)
よろければ”ぽちっ”と♪お願いします。m(__)m(別窓)



ニックネーム とうこ at 19:59| Comment(21) | 若かりし頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

啓示?それとも偶然?

下のほくとはおそらく7,8才じゃないかな。家族は全く意識してなかったけど、いわゆるシニア期に突入した頃、かと。
↓赤い光は別に心霊写真ではない…と思うあせあせ(飛び散る汗)
img149.jpg

ていうか、父。いくらカメラ見ないからってほくとの首掴んで向かせようとしないでください。首締めてるみたいですから〜!あせあせ(飛び散る汗)

img150.jpg

img151.jpg

でも、この写真見てて不思議なことに気づいたワタクシ。
なんと3枚とも、ほくとの下半身部分だけがオレンジの光に包まれてるのですよッ!がく〜(落胆した顔)
全部が右側とか左側なら話は分かる。でも父と一緒の写真は、ほくとが逆位置なのにもかかわらず、ほくと側に赤い光がある。
今だから思うんだけど、これってまるでほくとが将来足腰が弱ることを予言してるみたいじゃないですか? よく心霊写真で「怪我や病気に気をつけなさいという啓示です」って鑑定される写真があるけど、これももしかして……??
なんて。
そんな事あるワケにないのは分かってるんですけどね(笑)顔(汗)
ちょっと珍しい偶然だなあって思っただけ。

ていうか。
これがもし本物ならもっと分かりやすく教えてください!
霊能者なんていないんだから、こんな遠回しな予言されても気づかないっちゅーのッ!バッド(下向き矢印)orz


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
参加中のランキング。
お返はなにもできませんが(^^;)
よろければ”ぽちっ”と♪お願いします。m(__)m(別窓)



ニックネーム とうこ at 04:42| Comment(7) | ほくとごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

生ちょびちゃん(^-^)

実は本日、ほくとの使っていたブレスエアマットをお譲りするため、「俺もやるぜっ!なビーグルちょび」のchobimamaさんとちょびちゃんにお会いしてきました。るんるん
なんと!これだけ広〜いネットの世界で、chobimamaさんとワタクシ。同県内ならともかく同市内在住だったんです(@@)ビックリでしょう? 執事とメイド。やはり縁があるようですかわいい
家は最寄り駅でいうと市のほぼ両端に位置してますが、でもちょびちゃんが通っている動物病院は我が家から徒歩圏内! この事実を知った時、驚きすぎて笑いが止まらなくなりました(^^;)
当初、マットは宅配でお送りする予定だったのですが、同市内となれば話は別!生ちょびちゃんに会いたい〜!という図々しいお願いをしてしまったワタクシ。
chobimamaさんのご厚意で、メールでの話は「お会いする」という形に方向転換。しかも私の休みの関係で、急遽メールをした翌日(つまり今日)に決定。快く受け入れてくれたchobimamaさんに甘えて、図々しくもお邪魔しちゃったワケです。黒ハート やったね、私手(チョキ)

はじめて会った生ちょびちゃんのかわいいことったら。もう!!黒ハート黒ハート
興奮しまくりで「はじめまして〜」って言いながら、手でお顔挟んでうりうりしちゃいました。遠慮のないメイドでごめんね。顔(汗)
洗ったとはいえ、ほくとの匂いのついたマットをもっていたので、ちょびちゃんワンコの匂いに興味津々。しきりにクンクンしてました。chobimamaさん曰く、乗るなら使ってくれる可能性あり、とのこと。メイド、ちょっと安心。ほっ。ダッシュ(走り出すさま)
でもそのまま使わないこともあるそうですが。気に入ってくれるといいなあ。……と、私が帰るまでの間は乗っても寝ることはなかったんですが。
晴れ続報
数時間後に写メつきてご連絡いただきまして、ちょびちゃん寝てくれました!!メイド感激でございます揺れるハート

↓くりくりおめめがかわいいの♪
img144_chobichan.jpg

今日は調子も良かったみたいで、室内をてくてく。ちょっとヨタヨタってなる時もあるんだけど、それがまた愛らしい。揺れるハート ちょびちゃん仕様。愛情いっぱいのお部屋は、ホントに色んな工夫がされていて素晴らしかったです(^-^)
しばらくちょびちゃんと遊ばせてもらってから、腰を落ち着けて本格的に話し始めたら、あっという間に3時間以上経過。居座りすぎだ…私バッド(下向き矢印)orz
chobimamaさん、すっかり長居しちゃってごめんなさい。あせあせ(飛び散る汗)
でも、同じ高齢犬を持つ仲間として、同じようにワンコをはじめて飼った者同士として、話題はつきませんでした。chobimamaさんがまたとっても素敵な方で、でも初めて会った気がしなくて(^-^)楽しい時間は過ぎるのは本当に早い。(や、色々気を遣わせてしまったと思いますが;)
そうそう。chobimamaさんは、ネットを通じて人と会うのは初めてだったそうなんです。それなのに私ったらいきなりご自宅に押しかけちゃって、ホント図々しくてすみません。たらーっ(汗) きっと不安もあったと思うんですよ。ブログから受ける印象と全然違ったらどうしようとか、普通は考えますよね。でも、私のお気楽さ加減が「大丈夫かも」と思っていただけた要因みたいで。アバウト万歳!でございました(^0^)←この脳天気さもたまには役に立つじゃん(笑)

↓でもちょびちゃんには迷惑。犬(怒)
img145_chobichan.jpg

私がママを独占しちゃったのでふて寝。ごめんね。あせあせ(飛び散る汗) でも、このお尻もキュート黒ハート

偶然、ほくとの初七日にお会いすることができたchobimamaさんとちょびちゃん。きっとほくとが巡り合わせてくれたんだろうなあ、と思ってます(^-^)v 私はネット歴だけは長いのでネットを通じて知り合った友人もけっこういますが、また新しい繋がりができたことが嬉しくて仕方ありませんるんるん
ほくとのこともいっぱい聞いていただけたし、本当に充実した素敵な1日でした(^-^)

↓chobimamaさんから、ほくとにお花を頂戴しました。かわいい
img146.jpg

考えてもみなかった突然のプレゼントに感激!すっごいキレイ黒ハート こんな豪華なお花もらったのはじめて。良かったね、ほくとさん。犬(笑)

↓見よ!この差!(笑)
img147.jpg

飼い主が供える花なんてこんなモン……だよ、ね? え?違う? や、そういうことにしておいてください(笑)


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
参加中のランキング。
お返はなにもできませんが(^^;)
よろければ”ぽちっ”と♪お願いします。m(__)m(別窓)


※この前久しぶりにランキングページを開いたのですが、多くの方に”ぽちっ♪”していただけていて本当に嬉しかったです。ありがとうございます。m(__)m うちは検索を通して来訪してもらうようなブログではないので、人の集まる場所で上位にランクされてると本当にありがたい限りなのでございます。
……ただ、すでにいないワンコブログが参加してていいのだろうか、とちょっと考えちゃったりも。どうなのかなあ(^^;)


ニックネーム とうこ at 04:54| Comment(5) | ほくとごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

もう初七日だね

↓せめて写真は若かりし頃を。
img140.jpg

撮影時期は不明だけど10才前なのは確かです。カメラ向けられてるのに、こんな風にちゃんと伏せて大人しくしてるのはひっじょーに珍しい。

一週間前のこの時間、ほくとはこの世からいなくなりました。
早いなあって思うんだけど、反面、なんだかものすごく昔のことのように感じる時があったりもします。とはいえ、ほくとの姿がない日常はまだしっくりときません。窓の外のほくとの呼び声を気にして、耳をそばだててる自分がいたり、他の家の犬が鳴いていると、ほくとの声を勘違いして思わず立ち上がりそうになったり……今更ながらほくとの介護は自分にとって生活の一部になってたんだなと実感してます。だからってそこで落ち込んだりしてるわけではないんですけどね。しっくりときてなくても、”ほくとがいない”という現実はきちんと受け止めているので(^-^)

ちょっと重い話で申し訳ないですが…
生前、夜鳴きがひどくなったほくとのことを相談しにいった両親に、かかりつけの先生は「安楽死」の選択も示唆しました。
「生きて10年」と言われた大型犬の寿命も延びています。(今も平均すると10才ぐらいなのだそうですが)そのため飼い主自身も老齢といわれる年になってしまい、この選択をされる方も少なくないのだそうです。なぜ先生が「安楽死」の話をされたかといえば、おそらく両親だけで面倒を見てると思ったからでしょう。ほくとは病気らしい病気をしたことないので、散歩途中で病院に寄るのもフィラリアの薬をもらう時ぐらい。私が病院にお邪魔したのもかれこれ10年近く前??(^^;) 先生がそう思うのも仕方ありませんよね。
ただ、「もし選択するなら、家族全員の承諾を得てください」と言われたそうです。これが絶対条件だ、と。実際に奥さんが独断で安楽死を選択してしまったため、後に事実を知った旦那さんが大激怒。けっこうなトラブルに発展してしまった事もあるのだとか…。
その夜この話を両親から聞きいた私は、もちろん頷いたりしませんでした。母は「あんな状態で生かしておくほうが可哀想かも、って思ったりもする」と、迷いを口にしてましたが。私は「それでも生きてるってことは、今は時期じゃないってことでしょ?」と言い返しました。
両親は、それ以上なにも言わない私の考えを無理に変えようとはしませんでした。一度言いだしたらきかないのは子供の頃から(笑)両親もよく分かってます。きっとそう長い間じゃないし「気の済むようにさせておくか」と思ったのでしょう。それから7ヶ月も頑張るとは思ってなかったようですが(^^;)
私もそのことを考えなかったわけではありません。歩けなくなったほくとが、それでも必死に立とうとしたり這いずったりしてる姿を見て、本来の姿を保てないのに生かしておくほうが残酷なのでは? と思ったこともあります。
でも自然に終える時がその子の寿命。どんな状態であれ、神様が決めた期限でもないのに勝手に命を終わらせるなんて、私には絶対できません。どんなことになっても「安楽死」だけは絶対に選択しない。その決意を固めた時、人間の人生は長いのだから、そのうちの少しの時間をほくとのために使おうって自覚した気がします。そして、ほくとが静かな最期を迎えてくれた今は、最期まで面倒みることを選択して心底良かったと断言できます(^-^)
でも私の介護は、他の方に比べたらかなり「楽」だったことも確かです。ずっと家にいるわけではないけど、仕事もある程度は融通が利くし、時間の余裕もありました。家族もいるのでひとりで背負い込むこともありません。睡眠不足なんて言えるほどではなく、かなりちゃんと寝てました。フルタイムで働くママさんや一人暮らしのママさん達とは、比べものにならないほど楽な環境だったんです。
だから私は、「安楽死」の選択を否定しません。(できません)ずっと側にいてくれた愛おしい存在。どうしてあげることもできず、悩みに悩み抜いて出した「仕方のない選択」もあるから……。
ただ、もう面倒みたくない等、安易な選択だけは絶対に許せませんけどね。むかっ(怒り)

ほくとの介護を通して、私は「命」と「生きること」そして「死」についてを改めて考えさせられました。そしてなによりも「愛おしい」という気持ちと「喜び」を教えてもらいました。
介護疲れ(ノイローゼ)という言葉があるぐらいですから、介護犬を抱えてる多くのママさん達は、大変な毎日を過ごされてるのだと思います。でも誰でもきっと、介護を通して得るものが絶対にあります。だから「がんばりすぎない介護」で、ワンちゃんを支えてあげてください。

どの子も”いつか”がきたとき、静かで安らかな眠りがくることを祈ってます(^-^)

ちょっと遅くなりましたが…
ほくとのことをブログに書いてくださった皆様、目を通してくださった皆様、そしてその記事に対してコメントをくださった皆様、本当にありがとうございました。
自分のところだけで終わるはずの「ほくとの死」を、皆さんが自分のことのように感じてくださったこと、涙してくださったこと。感動とともに心から感謝してます。
ほくとからは多くのことを学びましたが一番大きな収穫は、こういった人の気持ちの温かさと優しさです。知っていたつもりで生きてきたけど、今回のことで改めて実感することができました(^-^)

これもほくとのおかげだよ。
初めて飼ったワンコがほくとで本当によかった、って自信もって言えるよ。Good うちの子になってくれて本当にありがとう!(^-^)



にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
参加中のランキング。
お返はなにもできませんが(^^;)
よろければ”ぽちっ”と♪お願いします。m(__)m(別窓)



ニックネーム とうこ at 05:29| Comment(5) | ほくとごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする