2007年07月18日

一段落つきました(ほくとが永眠した夜)

突然、本当に突然”いつか”がやってきてしまいました。

皆さんに第一報をお届けした時のことは、はっきり覚えてなかったりします。たぶんカメラを取りにいった際に”報告しなきゃ”という考えだけで、書いたと思います。なので、ほくとは”温かかった”ではなく、”まだ温かい”の間違い(^^;)

というわけで、少し詳しくさかのぼってみようと思います。
今朝5:00。父親が仕事で起きた時、ほくとは息をしていました。静かに眠っていたそうです。5:30頃、”ぴくり”と動いたとのこと。しかしそのすぐ後、父が仕事に出る直前、いつものように声をかけて触れたら息をしていなかったとか。
それから母がただならぬ気配を察知したらしく、起きたのが5:40。すでにお線香が立っていたそうです。母はすぐに私を呼んでくれました。
私が階段を駆け下りると、ほくとは生前となにひとつ変わらずに眠っていました。顔も体も温かくて、息をしていないのが嘘のようです。
何度も顔をさすったり抱えたりしながら、頭に額をつけて話しかけてました。そのたび、目の端に映るほくとのお腹が動いているような気がして……何度もお腹と鼻に触れて確認をしてしまったほど。
しばらくすると、顔が少しづつ冷たくなっていきました。でも体の下に手を差し入れるとまだ全然温かくて、息をしていない事に矛盾を感じて現実逃避しそうになりました。

深夜、私がミルクを飲ませてあげた時も、私を見る目は全然しっかりしてましたし、自分でしっかりと”ごっくん”も出きました。飲み終わった後も、ゆっくりと呼吸をしながら静かな寝息をたててました。
一度は仕事に出た父が戻ってきた時に確認したのですが、亡くなる前に呼吸が荒くなったとかは全くなかったとのこと。もしかしたら、本当に眠ったまま、呼吸を止めてしまったのかもしれません。
そんな静かな最期ですから、仮に誰かが側にいたとしても全員が起きていたとしても、きっとその瞬間は確認できなかったように思います。そのぐらい静かな旅立ちでした。
痛みもなく旅立てたことが、なによりの救いです。
きっとほくとは自分の意志で、ひとりで旅立つことを決めたのでしょう。
私が1日家にいられる今日という日を選んで……
(実は今週は今日以外、外での仕事だったのです)

いっぱい”ありがとう”を言いました。
いっぱい”がんばったね”と褒めてあげました。
いっぱい泣きました。

2時間ぐらい泣き続けたけど、このまま泣いてるわけにはいきません。
ほくとのためにやらなくてはならない最後のお世話が残ってます。
まずは遺体をどうするか。
今日1日ぐらいは家で…とも思ったのですが、ほくとの魂はここにはありません。それにもし暑くなってしまったら、なによりもほくとの体が可哀想。少しでも涼しい時に火葬してあげたいと思いました。
幸いにも、市内に新しくできた火葬場には、動物専用の火葬炉が一基あります。しかもありがたいことに格安で個別火葬を行ってくれる。ただ1日3体限定。
9時の受付開始に電話を入れると、前日予約で2時半は予約が決まっていたので4時を選択。電話はとても丁寧に応対していただき、予約もスムーズに終わりました。今度は10時を待って、棺となるダンボールを探しに近くのホームセンターへ。
しかしほくとのサイズを納めるだけの大きいダンボールはありません。そこで私は、母が内職を請け負ってる倉庫に大きめのない?と訊いたのですが、そんなに大きいのないよ、との返事。でも念のため電話で確認してみたら、社長が「見に来てみなよ」と言ってくれたそうで、お言葉に甘えることにしました。
確かにダンボールはいくらでもあります。でもサイズは小さめのものばかり。諦めかけた時、奥から声がかかりました。倉庫で働く方が色々探してくれたおかげで、運良くちょうどいいサイズの浅めの箱が見つかったのです。ありがたくいただいてきました。(社長もその方もワンちゃんを飼ってるそうです)
帰りがけに花を買って、かかりつけの獣医さんにもほくとのことをお知らせして、お礼を告げてきました。

3::00過ぎ、いよいよほくとを棺の中へ。
寝ていた時に使っていたカバーを敷いて、ほくとを入れてあげるとあつらえたようにピッタリ。
父も一度戻ってこられたので、父母と私でほくとを連れて出発。
早めに着いたんですが、インターフォンで呼ぶ前に係の方が出てきてくれました。控え室で重さを量って、そこでもう一度お線香もあげました。葬儀がない分あっけない感じはありますが、火葬場での手順や方法は人とほぼ同じで、とても丁寧に扱ってくれます。ただ、手を合わせながら火葬炉へと入っていく姿を見た時は、やっぱりツラかった…。
でもほくとにとっては、待ちに待った解放の時間。そう思ったら涙はでませんでした。
40分ほどでお骨になってしまったほくとさん。骨は係の方が先にまとめてくだったので焼き上がりは見てませんが、骨は結構しっかり残ってたと思います。(最近は人の火葬でも、係の人があらかじめ骨をまとめておくことが多い)
背骨とかキレイだったし、1本、折れてないほうの犬歯も残ってました。
骨壺は売店で購入できるのですが、人と違って動物の場合、残る骨の量に個体差が大きいとのこと。そのためお骨を見てから骨壺を購入できるようになっていました。小さなことかもしれない。でも、この配慮がなんか嬉しかったです。
購入した骨壺は6寸。ほくとの場合この大きさだと、体の骨は砕いて頭蓋骨を納めることになります。でも、お願いしようと思っている霊園の合同墓所に埋葬する時は、どのみち粉砕されることは分かっていたのでこれを選択。
私たちが骨を納めた後、係の方に最後に頭部をキレイに納めていただいて火葬場を後にしました。
ほくとの火葬を担当してくださった方が、額に汗しながら、本当に丁寧に丁寧にほくとを扱ってくださったことが、とても嬉しかったです。
家に戻って、簡易仏壇を家の仏壇の隣に設置して遺骨を安置しました。合同墓所に納骨を行う49日まではこのままお骨を安置しておきます。

最後に。
短い間でしたが、応援してくだった皆様、本当にありがとうございました。ほくとのことを気にかけてくださった全ての方に、心からの感謝を…(^-^)

ほくと(北斗)2007年7月18日永眠。14才と8ヶ月。 15才。(19日訂正)

寝たきりになって7ヶ月。
いっぱい頑張ってくれました。そして、生きるということを教えてくれました。今は安らかに眠って欲しいと思います。

ほくと。虹の橋で先輩のワンちゃん達に仲良くしてもらうんだよ。犬(笑)

下にある”続きを読む”をクリックすると遺体の写真のみが掲載してあります。大丈夫な方だけご覧ください。


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
参加中のランキング。
お返はなにもできませんが(^^;)
よろければ”ぽちっ”と♪お願いします。m(__)m(別窓)


続きを読む
ニックネーム とうこ at 22:17| Comment(15) | ほくとごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

突然ですが、ほくと亡くなりました

今朝、6時前。
眠るようにして息をひきとりました。
父が最期に動いたのを確認したようです。
私がいった時は息をしてませんでした。でもまだ温かかったです。

取り急ぎご報告まで。

ニックネーム とうこ at 06:48| Comment(8) | ほくとごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする