2009年04月10日

結局

執事さん、小太郎母さん
コメントありがとうでした。
(早々に覗いてくれて嬉しいビックリるんるん
成長過程を簡単にメモしてたので、結局ブログとして公開することにしました顔(イヒヒ)
よかったらこっちも覗いてくださいマセ顔(笑)

【屋根裏のてん助】
http://tensuke.a-thera.jp/
ニックネーム とうこ at 14:36| Comment(0) | ほくとごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

子育て中

ほくとが虹の橋へ向かって1年半以上経ちました。
放置しっぱなしであせあせ(飛び散る汗)介護のことで訪れてくれてる人がいるかも?な程度だと思いますが、一応報告。

つい3日ほど前から新たに育児中でございます。
今度は犬ではなく↓見ての通りの子猫猫(足)

ten.jpg

生後2週間越えくらいのチビ助。
本来ならまだ母親の元で甘えてる時期です。
この時期に我が家にいるということは……
そう、案の定ワケありでございますあせあせ(飛び散る汗)

諸々経緯はございますが、まあ簡単に説明すると。
野良猫と(隣の飼い猫)が、餌をあげてるワケでもない我が家の隙間をぬって1階と2階の間に入りこむようになりました。
で、いつの間にか野良の母親がそこで出産バッド(下向き矢印)
他の子猫は母親が外に連れ出したらしいんですが…
これまた諸々あって一匹だけ取り残されたワケです。たらーっ(汗)


姿なき子猫の声。
かすかな声に最初に気づいたのは私。
当然、外からだと思ってました。でも、窓から外に向かって耳を澄ませてもなにも聞こえない。
また野良が増えるのか……なんて思いながら、それ以上気にすることもなく数日が経過。
ところが一週間ほど前になると、鳴き声がなんだか大きくなってるじゃありませんか。
どこだ?とまた窓から外に意識を集中。でも聞こえない。
ところが窓閉めてPCの前に座ったらまだ聞こえて……

………まさかexclamation&question

おそるおそる床に耳をあててみる。

みゃ〜みゃ〜猫(足)

げっexclamation下にいるじゃんexclamation×2

もう焦ったのなんのってたらーっ(汗)
でもさらに困ったことに、我が家の天井裏は開かないバッド(下向き矢印)
私:どうすんのよあせあせ(飛び散る汗)
父:困ったけど、どうしようもできないなあ
私:こんなところで死なれたら寝覚め悪いじゃんどんっ(衝撃)
散々親に訴え続けて三日前。仕事先に母からメール。
「子猫救出に成功」

よかった〜〜ダッシュ(走り出すさま)

で。はい、助けました。後は頑張って外で生きてね。
なんてことはできません(^^;)
てなワケで、子育て開始です(笑)あせあせ(飛び散る汗)

たぶん生後2週間〜3週間近く経ってる。
(小さいせいか、病院では1週間くらいって言われたらしいけど)
だって、救出した時は目やにだらけだったようだけど、病院でもらってきた目薬が効いてるらしく、三日目の今は目もちゃんと開いてるし歯もちょびっと生えてるんだもん。一週間程度ってことはないあせあせ(飛び散る汗)
それにしてもね。
たぶん私がはっきり鳴き声を聞いた時には、親にミルクをもらっていた、という状態ではないはず。
親猫の気配があれば絶対分かるから。
しかも、夜中はずっとお腹空いた攻撃で鳴いてたし。
よく生きてたと思います。
よく毎晩あんだけの声で鳴く力があったと思います。
ものっすごい生命力です。
でも。
栄養が足りてなかったのは明白で。
歯がちょびっと生えてるのに、まだ190g程度しかありません。
ほんとなら倍くらいあっていい時期なのに。
母親は結構体格の良い、キジトラみたいな猫だったからなおさら。

とりあえず。
これからちゃんと成長するか分かりませんが。
やれるだけのことはやってみようと思ってます。
ほくとの介護で経験したことがちょっぴり役に立ってる今日この頃顔(イヒヒ)
なにやらワケありの猫や犬ばかりが我が家で生活を共にしてますが、これもなにかの縁なのでしょう。
新しい我が屋のヤンちゃ坊主は、天井裏で生まれたから”てん(てん助)”と名付けました猫(笑)
現状、育児ブログを開設するのは厳しいので、これ以上のブログ更新はありませんが、メイドのとうこは子育てに奮闘してるだろうと思ってくださいマセ。


ニックネーム とうこ at 00:03| Comment(2) | ワタクシごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする