2007年08月01日

思い出語り [暴走モード]

↓この臨戦態勢は危険!暴走の可能性大(^^;)
img155.jpg

暴走モードといっても、パチンコの”突確らっき〜♪”なんてかわいいものではありません。←パチ知らない方には「なんのこっちゃ?」なたとえでスミマセン。あせあせ(飛び散る汗)

元気な頃のほくとさん。遊んでほしい時に玄関先にでようものなら、↑の写真のごとく、おもむろに起き上がってダッシュ。ダッシュ(走り出すさま) で、その勢いのままジャ〜ンプ(遊べ!)てなモンで、前足あげて飛びかかってきます。この時前足掴んで受け止めてやるワケですが。気をつけないと頭突きされる可能性あり。==ドン!(/@□@)/ あぎゃ!
まあ、飛びかかるだけならまだヨシとしましょう。しかし暴走ってなタイトルつけたぐらいですから、ほくとがそこで納得して大人しくなるわけありません!←偉そうに言うこっちゃない。バッド(下向き矢印)
掴んだ手を放すと、ほくとは再び反対向いて奥の物置まで再びダッシュ。で、また勢いつけて私のほうに駆けてきてジャ〜ンプ!(ボクを受け止めて〜と言ってたかどうかは分からないがw)飽きずに何往復でもします。
繋いでる鎖だって3Mぐらいしかないし、ダッシュの距離だって一瞬のこと。なのに、その勢いたるや半端じゃない。ゆえに止まる時も自力じゃなく、限界までいった時に首輪で首引っ張られるから。ビン!と引っ張られたままで回れ右。
興奮しすぎ、自分で首締めすぎ、でゲホゲホなることだってしょっちゅうでした。ていうか、ゲホゲホなるまでやめなかった。バッド(下向き矢印) 興奮がひどいと、ジャンプした時、鎖またいで足に引っかけてつんのめったりするから危ない。喉元だってあんまり強い力で圧迫したら危険だろうし。あせあせ(飛び散る汗) でも、完璧に暴走しちゃってるから途中で止めようにも止められない。←下手に触ろうとすると、「もっと遊んでくれるの?」と勘違いしてさらに興奮。
……どこまでもおバカさんたらーっ(汗)
苦しいのも痛いのもほくとさん自身。何度も同じ経験してるんだから、「少しは学べよ!どんっ(衝撃)と思うワタクシですが。興奮してる時のことは、喉元過ぎれば――なんですかねえ。顔(汗)
ほくとにしてみたら楽しい遊びのひとつかもしれない。でも、突然右後ろ足がきかなくなった事を考えると、シニア期に入ったらあんまり興奮させないようにしてやるのも飼い主の役割なのかもしれない、と後になって改めて考えさせられました。
てなわけで。愛犬が興奮しすぎるきらいのあるワンコだったら、気をつけておいたほうが良いかも、ですよ。顔(汗)


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
参加中のランキング。
お返はなにもできませんが(^^;)
よろければ”ぽちっ”と♪お願いします。m(__)m(別窓)





【若かりし頃の最新記事】
ニックネーム とうこ at 19:37| Comment(5) | 若かりし頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このモードに入ったハスキーを止められる人はあまりいない気が顔(汗) 執事も雪山にて毎年ハスキーわらわらな宿に泊まっていたので経験アリですが、思いっきりぶっ倒されてましたから顔(イヒヒ)
構えてても、女性だと結構しんどい。
スキーウェアでしかも雪が積もってるからいいようなもんの、冬以外だったら・・・考えただけで汗。
そり引くだけのこたぁ、ありますな。
こうできたらよかったなって思うことはてんこ盛りですが、なかなかそううまくはいかんですね。 仔犬の時から老後を考えて育てる人もおらんだろうしな顔(イヒヒ)
Posted by chobimama at 2007年08月01日 21:09
てか可愛すぎ♪(愛)
追突されてみたいと思ったあたしは一体Σ(≧▽≦*?!
大きくて元気なワンコ^^大好きなんです。あの足の太さがなんともたまりませんっ揺れるハート娘も右に同じで力任せに飛びついてくるあの力強さが嬉しくて、幾度となく真剣にハスキーを吟味したほどなんですが、でも何故か来るのはいつも雑種の保護犬顔(笑)それもまた狂おしいほど可愛くていいんですけどねv

シニアの興奮は確かにキケンですね^^;すっかり襲う事を忘れたシニアだしなんて油断してたら今朝はミカわん、道行く大型犬に飛び掛っていきました(汗)しかもその後横倒れに転倒〜ふらふら
自分じゃセーブ出来ないからこちらが気をつけてないと・・・ですよね。
Posted by あやぽん at 2007年08月01日 21:28
↑に思わず反応。マジですか?!ミカわんあせあせ(飛び散る汗)  凄すぎるたらーっ(汗)
恐るべしだわ・・・。昔はよく前脚キックを繰り出してたちょびもここ数年はとんとご無沙汰なのに。今日はやっとドライフードふやかし版登場で匂いに興奮して走り回り、勝手に横倒れして勝手に復活してまたグルグル回ってましたです顔(汗)
Posted by chobimama at 2007年08月01日 22:51
凄い!それは確かに突き飛ばされる!私が知ってるほくと君からは想像できないけど…。ガイブウも元飼い主の所では玄関先に繋がれてたから、行くと同じ目にあってたような…。家に来てからは特に教えてないけど飛び付かなくなった…。なんでだろ、ことさら喜ばなくても良くなったってことかな…。
ほくと君、なんとなくガイブウとちょっとキャラがかぶるんですよね〜。ガイブウも痛い思いしても次の瞬間には忘れちゃう…、鶏並ですよね。
ほくと君、お散歩も大変だったのでは…?昨日は危うくガイブウのせいで階段から転がり落ちる所でした…。
Posted by ちぃ at 2007年08月02日 06:04
★chobimamaさん>
本当に雪ゾリ引くだけのことはあります。力は半端じゃないですねえふらふら
でもまあ、はじめてのワンコ飼いで、”しつけ”の必要性を全く考えてなかった自分たちが悪いので、突進されても仕方ない…と諦めてましたね(^^;)
ちょびちゃん、復活の兆しがみえてるようで安心しました(^−^)

★あやぽんさん>
飛びますよ。や、ホントに(笑)でも、子供さんでも好きな子は好きですよね。母が散歩中にたまに会う小学生のお子さんにもハスキー好きの子がいたようで、一度聞いたほくとの名前をずっと覚えてたそうです。
でも、やってくる保護犬を愛情もって育てることができるって素晴らしいと思います。うちはそこまでできませんもの。
ていうかミカ嬢!大型犬に挑んだんですか??あせあせ(飛び散る汗) ひゃー!すごい。exclamation……けど、いきりの行動にあやぽん的には冷や汗ものですよね(^^;)

★ちぃさん>
ガイヤ君も突進組?(笑)
たぶん、甘えん坊なのに玄関先に繋がれてるから、かまってくれる人がいると嬉しくて仕方ないんだと思います。
今はちぃさんのところで、お家に入れてもらえて、お兄ちゃんもお姉ちゃんがいるから安心して自然と突進が治ったんでしょうね(^-^)
うちはホント留守がちな家だったので…(^^;)ほくとが長生きした原因は、もしかしたら「絶対甘えてやる!」っていう反骨精神だったのかも。←それもどうよたらーっ(汗)
散歩は、そりゃあもう。大変なんてモンじゃあ…orz でもそれも、うんち君するまでの間ですけどね(笑)
Posted by とうこ at 2007年08月03日 09:33