2007年08月04日

老犬介護を振り返る [排尿困難]

先日、コメントで”おしっこ絞りを教えてください”というお話をいただいたので、参考程度にまとめてみました。

●元気な頃に確認
1日の水分量。おしっこの量や回数。またニオイと色も確認しておきましょう。いざ介護生活に入った時、必ず役に立ちます。


●老犬の域に入ってるワンちゃんがいるなら。
立って歩くことができて自力で排泄できていても、先生と「おしっこ絞り」のことを話しておいたほうがいいかと思います。(実践しなくても)定期受診とか、病院に寄ったついででいいので。
それと、自力排尿できない日の限界も確認しておくといいと思います。(犬種によって違いもあると思うので)排尿がないと尿毒症になる可能性があるので注意が必要。他にも膀胱炎とか結石とか心配は色々ありますが、尿毒症は放っておくと命に関わるそうなので気をつけてあげてください。

●寝てる時間が半日以上のワンちゃんがいるなら。
自力排尿ができても、早めに「おしっこ絞り」を実践で教わっておくことをオススメします。ワンちゃんが排泄できなくなる原因のひとつは、老化による筋力低下によるものなので、必要となる日がくるかもしれません。でも、ワンちゃんを病院につれていけない場合は、少し柔らかめのゴムボールを持っていって、力加減を教わるといいんじゃないかなあ、と思います。ただ、先生が受け入れてくれるかどうかは分かりませんけどね(^^;)でも、膀胱が張ってる時の代わりになりそうだなって思ったので一応提案。

ちなみに泌尿困難は、おしっこ絞りに拘らなくても「利尿剤」を使う手もあります。ただ、利尿剤は「合う、合わない」がある気がするのですよ。合うなら、薬のほうが楽に出ると思うんですけどね。でも長期利用するのはどうのか…残念ながら私には分かりません。ほくとにはあまり効果が見られず、その間に私がしっこ絞りを偶然覚えてしまったので2日しか使いませんでしたから…(^^;)
また、カテーテル(管)を尿道に通す方法もあります。でも動物の場合、尿管が細いことと、動くことによるリスクが大きいのだとか。抜けるだけならいいけど、尿道を傷つける可能性もあるようです。なにかあった時、麻酔をかけられないリスクも含めて、老犬にはちょっとツライんじゃないかなあって思うのですが…私個人の考えとしては。
もし排尿困難で、有無言わさずカテーテル導入を提案されたら、リスクについてしっかり確認することをオススメします。

どの選択をするにしても、ワンちゃんが嫌がらないのがベストですよね。

●おしっこ絞り
以前もちと書きましたが、単純にいえば「膀胱を手で圧迫する」ただ、それだけのことなんです(^^;) でも、これが意外と難しいと仰る方が多いようで…
おしっこ絞りは獣医さんにお願いすると、いとも簡単にやってくれるそうです。でも、自分でやるとなかなかできない、という話が多い。
そこで提案。
「こうやるんだよ」って「しっこ絞り」を見せるだけの先生もいると思います。でもその場合は、自分にできるか実践をお願いしてみてください。「見た目より難しいって聞くので、試していいですか?」ってお願いすれば、断る先生はいないと思います。てか、断るような医者だったら病院考えたほうがいいような(^^;)
その時に「膀胱はここ!」って場所を、先生に手を添えてもらって教えてもらってください。 そこまでできれば、後は力加減と慣れですから。(先生が簡単だよ、っていっても鵜呑みにしないほうがいいと思う。だって相手はプロだもの(^^;))

ただ私は「偶然の産物」でしっこ絞りを覚えちゃったので、自慢でもなんでもなく、ごめんなさい。なぜしっこ絞りが難しいのか分からない……というのが正直なところです。(立てる子は経験ないので何とも言えませんが)
ひとつだけ思うのは、女性ゆえに膀胱圧迫に必要な握力がない、のができない原因ではないか、と。つまり、大型犬の場合、しっこ絞りは意外と力作業だということです。小型犬は全く想像つきませんが、小さいからこそ、意外と指先の力が必要なのかもしれないし。
私、手は小さいけど握力が結構あるんですよね。つまり、力があったから難なく出来たんじゃないかな、って思う。良いんだか悪いんだか分からないけど、わりと加減しないでぎゅっ!って押してたし(^^;)
まあほくとの場合は、「これ以上でないよ!」って時は鳴いて教えてくれたから、文句が出ないうちは「まあいっか」って感じでした。なにげにテキトーに、でも力任せ(笑) あ、男性の場合は力加減に気をつけてくださいね。膀胱破裂もあり得る話だそうですからあせあせ(飛び散る汗)

おしっこ絞りは実践じゃないと説明が難しいので、結局はかかりつけの先生に教えてもらってください、っていう結論に達してしまうのですが、少しでも参考になったら幸いです(^-^)
また、おしっこ絞りに限らず、自宅でできる事は早めにレクチャーを受けておくと、いざっていう時の選択肢が広がっていいかなあって思います。あ、もちろん素人判断せず、先生と相談して進めてくださいね。


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
参加中のランキング。
お返はなにもできませんが(^^;)
よろければ”ぽちっ”と♪お願いします。m(__)m(別窓)





ニックネーム とうこ at 09:40| Comment(5) | 老犬介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

老犬介護を振り返る [マジ噛み]

ほくとは我が家に来た頃から、噛み癖がありました。私は止めさせようとしたけど、父は「歯が生えかわる時期だから仕方がない」と平気で噛ませちゃうから当然治るはずありません。たらーっ(汗) 小屋に敷いてやったマットもタオルも、買ってやったその日のうちにバラバラ。あせあせ(飛び散る汗) 挙げ句、当時使っていた緑色のビニールシートの車庫に目をつけたほくとさん。犬(笑) ちょっと古くてシートが”ベロン”ってなってた箇所に、必死に食らいついたようです。車庫シートは、一晩で見るも無惨な状態になってました。今にして思うと、ビニール食べちゃってたんじゃないか?って思ったりもするんですけど…。胃袋の丈夫さはこの頃からだったのかも。顔(汗)でも勢いだけで突っ走るほくともマジ噛みだけはしませんでした。一応、それはマズイと思ってたらしい。まあ牙があたるだけでも十分痛かったですが。

↓車庫の位置は変わらず。ここにあったシートを食いちぎった。バッド(下向き矢印)
ほくとさん影になってよく見えませんが(^□^;)
img154.jpg

で。ようやく本題(前置き長ッ!)
以前も少し触れましたが、介護中のマジ噛みについて。

絶対にマジ噛みしなかったほくとも、寝たきりになった頃は、立てない苛立ちからか、何度もマジ噛みしました。しかもほくとは歯が丈夫。これはもう痛いなんてモンじゃなかった。腕に穴が空きかけたことも…。骨にあたると1週間近く痛みがひかなかったしね。ふらふら でも窘めるぐらいで、さすがに叱れなかったなあ。自分で自分の体が思うようにならない。他にあたれる場所もない。一番ツライのはほくとだって分かってるから。犬(泣) ほくともマジ噛みしたくてしてるんじゃないと思うし。もしかしたら老化や痴呆で、その辺の加減ができてなかったのかもしれない。人だって突然寝たきりになれば、苛立ったり虚無感に襲われたりもする。なので私は、無気力になるより、そういった感情が出るだけマシじゃないか、と考えてました。
それに私の見てないところで、マットやタオルに噛みつかなかったのは「エライ」って言ってあげたい。Clap だって私の手に攻撃すれば、「イラついてるのかな」「どっか痛いのかな」等々、考えてあげられるでしょ? でももしも、いつの間にかタオル噛んでたら「口開けた時に入っちゃった?」ぐらいにしか思わなかったと思うもの。(^o^;)
そりゃあ、一生懸命世話してるのに噛まれた!!となれば、悲しかったり、憤ったりすると思う。可愛がってきたワンコが攻撃してきたらなおさら「なんで〜??」ですよね。もうやだ〜(悲しい顔) でももしも、マジ噛みとか、ワンちゃんが今までしたことのない事をしたら、反射的に怒ったりせずに一呼吸おいてほしい。その理由を探ってあげてほしいなあ(^−^)
それと。
ほくとは立てなくなってからだったけど、もっと早い段階、シニア期の状態でこういう行動に出るワンちゃんもいるかもしれない。だとすれば。もしかしたら、それが老犬への一歩かもしれない。そこが介護への入り口になるかもしれない。ワンコのいつもと違う行動は、きっとなにかのサインだから。どんなに元気でも年齢は意識してあげておいてほしいと思います。ほくとみたいに突然寝たきりにならないように……皆さんの愛犬は、少しでも長い間、自力で歩ける老犬ワンコであってほしい、と願ってます(^ー^)


前日の記事に書きそびれたんですが。昨日、市内のお花屋さんを通じて、隣県に住む友人からほくとへの贈り物がありました。「ほくと君の近くに飾ってあげてださい」というメッセージとともに。ほくとのことを直接話してない友人からのサプライズな贈り物に、思わず涙。涙。(1度ほくとと遊んだ時のことを覚えててくれたのだそうです)
↓どんな花か見てないと思うのでUP。
img152.jpg

こんな素敵なお花が届きました。本当にありがとう。
↓お花が増えてほくとさんの周辺は益々賑やか。るんるん
img153.jpg

実はお花が届く前、お店から事前連絡がありました。
携帯電話に表示された見知らぬ番号。基本的にいくら番号通知がされていても、登録番号以外の番号には応答しないワタクシ。どのぐらい徹底してるかっていうと、ネット通販で買い物したら必ず店の番号を一時登録するぐらい、です。でもなぜか昨日に限ってすんなり電話に出たんですよね。自分でもホントに不思議なんだけど。これもなにかの予感?
でも、お花屋さんに「岐阜県の○○さん(名字だけ)から贈り物があるんですけど」って言われて「???」だった。
岐阜に従姉妹はいる。でも○○さんじゃない。
○○さんっていう名の友人はいる。でも岐阜県じゃない。
……どういうこと??あせあせ(飛び散る汗)
ちょっとパニクって聞き返したんだけど、やっぱり「岐阜県の○○さん」って言う。とにかく来てもらえばはっきりするだろうと思って、配達してもらいましたが。結果は――ミスしたのは県名。まあ、名前を間違えるわけないだろうと思ったから、友達だと思ったんだけどね。
それにしても、なんだってうちと関連のある県名いうかなあ(笑)


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
参加中のランキング。
お返はなにもできませんが(^^;)
よろければ”ぽちっ”と♪お願いします。m(__)m(別窓)



ニックネーム とうこ at 01:43| Comment(3) | 老犬介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

お友達が虹の橋へ

本日(5日)、ブログの大先輩であり、私がブログを開設する前からたくさんの勇気と元気を与えてもらっていた「老犬りょうすけ観察日記」のりょう君が永眠しました。
17才2ヶ月と4日。天寿をまっとうした旅立ちです。
心よりご冥福をお祈りしたいと思いますm(__)m

実はりょうすけ君とほくとは、仕草とか目に見える老化の症状とか、とってもよく似ていました。そのせいもあって、ものすごく身近に感じる存在でした。
りょうすけ君のほうがお兄ちゃんだけど、老化はほくとよりスローペース。だから、先に逝ってしまうなんて夢にも思いませんでした。
だって、りょうすけ君は、何度も奇跡の復活を見せてくれたんです。そのたびにみんなに希望を与えてくれました。でも、やはり”いつか”はやってくる……そのことをはじめて実感しました。
でも、りょうすけ君は最期まで頑張り抜いたし、最高の愛情の中で一生を終えたのだから、絶対後悔はないはずです。
前日だって、ご主人であるお姉さんに心配させないようご飯をきちんと食べて、虹の橋へと向かったのですから。本当に親孝行(お姉さん孝行)だと思います。

りょうすけ君に、心からいっぱいの”ありがとう!”を伝えたい。
楽しく明るいシニアライフ。お姉さんとりょう君の生き様を、しっかりとこの目に焼き付けさせてもらいました。
私もほくとに”満足”してその日を迎えてもらえるように、最後の息子孝行を続けていきたいと思います。
そしてその日がきたら――りょうすけ君には、虹の橋でほくとを迎えてあげてほしい。
それが私のささやかな願いです。

りょうすけ君ありがとう。そして、またね(^-^)


ニックネーム とうこ at 04:03| Comment(11) | 老犬介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

写真のススメ

↓ご飯が終わってお顔を洗った後
img108.jpg

実は、ほくとが寝たきりになったばかりの頃は同じ方向ばっかりで寝てたせいで、右の顔がかなり歪んでだんです。右ばかり骨張っていったからね〜たらーっ(汗) もうね、すっごいかわいげのない顔(^^;)でございました。(なので右側は寝てる写真が多い)でも反対向いて寝られるようになった最近は、ようやく左右のバランスがとれてきました手(チョキ) (耳は耳血種なので倒れたままだけど)正面から撮ってもブルーのおめめがちゃんと開くようになったしね。前はカメラ向けても無反応だったりしたんだけど、最近はカメラ目線するようになったし。そのせいかな?表情がはっきりしてきてたのは。これって結果オーライ?(笑)

最近、高齢犬の介護をしている色んな方のブログも覗かせていただいてるのですが…(読み逃げになってるママさん達ごめんなさ〜いあせあせ(飛び散る汗)
なんかね、どのワンちゃん見てもかわいくて愛おしくて仕方ありません揺れるハート ワンちゃんが可愛いのは当然なんだけど、”あ〜ぎゅっ!ってしたい!”って思っちゃう犬(笑) どの子も愛情たっぷりに育ってるから、すごく優しいイイお顔してて。幸せな老後を送ってるんだなっていうのが写真だけでも伝わってくるんですよねグッド(上向き矢印)
だから、介護に手一杯でブログするだけの気力のない人や、精神的余裕のない人も、是非ワンちゃんの写真をいっぱい撮ってほしいって思いました。今は携帯で気軽に撮れるしね。カメラ
自分のワンちゃんの写真眺めるだけでも、随分と気分が落ち着くと思うんです。それにほくとみたいに痴呆のワンちゃんが、カメラに反応するようになる可能性もあるのでオススメ。ぴかぴか(新しい)
……もっとも、本当に行き詰まってる人は、ブログみたりする余裕もないと思うけど。残念バッド(下向き矢印)
あー、もっと元気な頃のほくとの写真撮っておけばよかったなあ。(ホントにないのたらーっ(汗)

さて今日は、気温はそうでもなかったけど湿度が高くて辛かったですね。顔(え〜ん) ほくとも湿気が苦手みたいなので、ずっとふーふー言ってたなあ犬(泣)
私が起きた時はすでに蒸し暑くて…様子みにいったら「フンフン」情けない声。どうやら朝の涼しい時間は寝てたらしく、朝ご飯は食べてなかったらしい。とりあえず冷たいミルク飲ませてからご飯。フード2袋とサプリ完食。ゼリー飲料は少しだけしか口にしなかった。でも残りはおやつとして2時頃あげてみたらペロリ。あとポカリも飲んだ。
夜はいなかったので不明。ゼリー飲料はあげてないみたいなので、おそらくフードを食べたのでしょう。ミルクは新しいパックが開いてたので飲ませた様子。
おやつの時にしっこ絞りも完了。うんち君は不明。ま、今日しなくてもフード食べてるから明日ぐらいにはするかもね。


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
参加中のランキング。よろしければ"ぽちっ"と♪(別窓です)
いつも"ぽちっ"してくれる皆様には、ただただ感謝デスm(__)m



ニックネーム とうこ at 00:00| Comment(6) | 老犬介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月29日

介護について

ほくとの介護しかしたことのない私が、この問題についてとやかく言うのはおこがましい。分かってるけど、ちと思うことを綴ってみようと思う。
ひとつだけ断言できることがある。
それは、完璧を目指さないことexclamation
(ワンコにも完璧を押しつけないでね)

これは人相手でも動物相手でも同じ。介護に完璧を目指そうとすると、介護する側の心に歪みが生じることが多い。もちろんそんなことない!っていう強靱な精神の持ち主もいるかもしれないけど……顔(汗)
でも人ってそんなに強くないよね?それに「大丈夫」って言い張ってる人に限って、端から見れば”危険信号”が点滅してたりするもの。
介護をする側が「鬱病」になりやすい、というのは言わずと知れた話ですが。これって介護に関係なく、日頃から完璧を目指す人に多くみられる病気。
周囲から見れば十分やってるのに、「こんなんじゃダメ」「どうしてこんなこともできないの?」「自分はダメ人間だ」って思ってしまう……本来、真面目な性格で頭の良い人がかかりやすい。
……はい。これまた言わずともお分かりでしょう。私には無縁(笑)
ただ私の友人には、この病気と長くつきあってる子もいるし、中には残念な結果で人生を終えた子もいます。大きなお世話かもしれないけど、だから見過ごせない、のかな顔(汗) 性格だから…と言ってしまうのは簡単だけど、最悪の事態――があることは、昨今の高齢者介護みれば明白ですよね?

介護は大抵が長期戦。だからこそ、ほどほどに息抜きをしないと身が持ちませんたらーっ(汗)ワンコには家族しかいないのだから、自分を大切にしてあげないとワンコもツライよ?犬(泣)
家族がいてくれるなら、自分がやらなくても誰かがやってくれる。
そのぐらいの気構えで十分。
たまには誰かに愚痴るのもヨシ。支えてくれる人が必ずいるはず。
何事も、ほどほどに、いきましょうよるんるん

それにね。老犬の容態は日々変化します。安定してる時が続いてたのに、突然調子を崩したりね。ご飯食べなかったり、排泄ができなかったり……ホントに一喜一憂する事ばかりダッシュ(走り出すさま)
でも心のどこかに「そんな時もあるさ」っていう気持ちを忘れないでいてほしいし、それでいいと思うのですよ。紆余曲折。山あり谷ありです。
たしかに老犬にとって食べないことは、直接命に関わること。でも、食事にこだわるのではなく、食べない原因がどこにあるのかを考えてあげる事も大切だと思う。つまり、一点集中ではなく様々な角度から物事を見て全体的なバランスを考えたほうがよろしい、かと思われる。(経験上)
それにずっと仲良しで一緒に育ったワンコなら、飼い主の不安も伝染すると思うしね。これに関してはうちには当てはまらないけどさーバッド(下向き矢印)orz 言ってて虚しいけど。←自業自得じゃ(笑)

まあ、そんなこんなで。我が家の介護は病院系ではなくホスピス系です。これは、ほくとが痛みを訴えるとかないから出来ることですけどね。もちろん、ちゃんと検査すればなんらかの病気は発見されると思うのですよ。でもどうせ手術できない(麻酔に耐えられない)なら、知って不安を助長させるより、知らないほうがいい。
自然に任せて好きなだけのんびりさせる。食事は食べたいもの食べさせる。そして、家族に囲まれた環境で残りの時間を送ってもらう。
つまりは「私が」じゃなくて「ほくとが」、快適で心残りのない老後を楽しんでくれるならオッケーかな。と考えてます。(どれだけ生きるかは別として)
命は自然に終えてこそ、寿命をまっとうする――ってこと、だよね?
そのための手伝いができるなら、介護する甲斐もあるってもんじゃありません? それってすごくない? 自分が面倒見てる子が、ちゃんと寿命を全うして天国にいくんだよ? 神様しか知らない宿命に関わることができるんだよ?
……って、私、安易ですか?(笑)
コホン。
でもまあ、こんな脳天気なヤツでも介護ってできちゃうワケですよ手(チョキ) なので、現在介護に行き詰まってる人も、これから介護に携わる人も、気負わずに「がんばらない介護」を楽しんでくださいるんるん
案外、「私でもなんとかなってる」って事実が、誰かに肩の力を抜いてもらえる特効薬だったりして(笑)それはそれでいっか顔(イヒヒ)


さてさて昨日、今日のほくとは、といえば。
昨日(28日)は暑かったので、首にアイスノン置いて午後はエアコンつけてあげたらスヤスヤよー寝てました。でも、しっこをさせてなかったので、水分とらせようとして起こしたら怒られちったよ犬(怒)(笑)でも私も仕事で出ちゃうから、今のうちにしないとあんたが困るんだぞー。とゼリー飲料とポカリをあげて、1時間後にしっこ完了。割とのんびりな1日でございました。
そして今朝の私は寝坊組。でもほくとも寝坊組だったらしく(笑)母が朝ご飯(フードだけ)あげた直後だったので、サプリをミルクでプラスしておいた。
新床ずれは、ポケットらしいポケットがないのがよかったのか、昨日よりちと小さくなってる。おし、これなら思ったより治りが早いかもねClap

ついさっき、「ウォンッ!」と力強い声に呼ばれたので行ってみると、いいうんち君してました。お片付けした後、ほくとで遊んでみる(笑)↓
img102.jpg

「これ女モンじゃないかーオレは男だー」という抗議が聞こえてきそうだけどあせあせ(飛び散る汗) こんな感じで、天気が怪しくても我が家は平和でございます晴れ


ニックネーム とうこ at 12:50| Comment(5) | 老犬介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする